取引蔵元

HOME» 取引蔵元 »【若波】若波酒造・福岡県

取引蔵元

【若波】若波酒造・福岡県

 

 

【若波】

 
 
 
若波酒造   
福岡県大川市   
 

 

三人寄れば文殊の知恵

 

 チーム若波は3人の主役がそれぞれ貢献することで

力強く機能しているようです。

蔵元家族から2人、

お姉さんの友香さんが若波の根っことして存在し、

その後に蔵に帰った弟の嘉一郎さんが

蔵元後継者としてそれを支えます。

2015BYから社員杜氏となった庄司さんは

技術者として若波に高度な製造技術を提供。

この3人が力を発揮して若波の美味は造られているのです。

 

 蔵元姉弟が味わいの根幹を決めてスタートした若波に、

秋田の蔵元で修行を積んでいた

醸造技術者・庄司さんが合流したのが2011年。

友香さんが研修生として参加した

広島醸造試験場の同期に庄司さんがいたそうで、

それが運命の出会い。

蔵元や蔵人が40日間の合宿生活を送るそうなのですが、

その中でも味わいについても酒造りの理想についても

最も気が合ったお二人なのだそうです。

その後、嘉一郎さんも庄司さんの人柄と技術に惚れ込み、

若波酒造は社運を掛けて

庄司さんを杜氏候補として招聘した経緯があります。

 

 若波の黎明期にはよく3人で蔵の休憩所などで

熱く語り合ったそうです。

「味の押し波、余韻の引き波」というキャッチフレーズも

3人の共作とのこと。

そう、お互いを良く理解し合いながら進められる若波の造りは、

初期からしっかりとしたビジョンがありました。

香味は穏やかながらも上品な味わいを目指す。

若いチームの若い銘柄としては珍しく、

若波は冒険をほとんどしません。

定番酒の完成度に強く意識を寄せて、

ひたすらにそれを磨き上げてきました。

 

 友香さんは、3人のチームというのは

意見が割れても2対1なので平行線にならない、

と面白いことを言っていました。

それぞれの立場で責任を持ち、

素晴らしいチームワークを発揮している若波は、

これから益々美味しくなるはずです。

キャッチーでイマドキの味わいではありますが、

浮ついていないチーム若波は前途洋々。

今後もご期待ください。

 
社長:今村嘉一郎さん
 
姉:今村友香さん
杜氏:庄司さん
 

 


定番酒

3,300円/1800ml
1,650円/500ml
2,750円/1800ml
1,375円/720ml

 

取引蔵元

 
┃試してお買い物タイム┃
 
オススメを2〜3種類一口ずつお試しできます。
料金はかかりません。 
 
平日火曜〜金曜は18時から
 

土曜日は12時から

1口ずつ

 
3〜4種類ご用意します!
 
ゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。
 
 
 
美酒は心の栄養素。美味しい情報をあげていきますSNSあまり得意じゃないです。
リプライ出来なくてもお許しください。 
 
 
オススメの日本酒やお気に入り飲食店、
イベントの様子などお客様同士の情報交換の場です
 
 
we are OPEN at
Mon-Fri
11:00〜20:00

Sat
12:00〜17:00
 
Sundays & Holidays are closed

 

Feb. 2020

sun mom tue wed thu fri sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

4日 日本酒レクチャーstep.3その1

12日 日本酒レクチャーstep.2その1

20日 マンスリー試飲会

26日 日本酒レクチャーstep.1その1

 

Mar. 2020

sun mom tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

最新情報

新入荷情報

新酒特集 2019-2020

日本酒レクチャー

Happy Sake Time

マンスリー試飲会

新橋ニュース

イベント情報

ご飲食店様へ

お知らせ

朧のB面

お問合せ

管理画面