最新情報

HOME» 最新情報 » 【朧酒店ミニ試飲会】「稲とアガベ」5種飲み比べ 5月27・28

最新情報

 【朧酒店ミニ試飲会】「稲とアガベ」5種飲み比べ 5月27・28

 

初夏のミニ試飲会

 

OBORO Sake Tasting 〜「稲とアガベ」5種の飲み比べ〜

 


 

日時:      2022年5月27日(金)・28日(土)

開催時間:金曜18時〜21時(20時30分最終受付)

     土曜14時〜17時(16時30分最終受付)

 

 

会場:      朧酒店 SHOP

 

参加費:   ☆男性   2000円税込

     ☆女性   1800円税込

 

      お申込みはご予約を優先させていただきます。

※お支払いは当日ご来店時に頂戴致します。電話やメールで事前受付完了!

※60mlを5種の試飲です

※5月26日時点で、沢山のご予約をいただいておりますが、

 ご予約していなくてもご来場いただける時間がございます。

 27金曜18時は一番混み合っておりますが、

 20時くらいには比較的空いてくると思います。

 なお、28日はどの時間帯もまだご来場できます。

 

 

内容:  大きな話題をさらっている「稲とアガベ」。

    原料米を自ら栽培することで醸造家の根っこを強化し、

    白麹や生酛製法を採用するなど

    最先端の酒造りに精通する造り手が

    全身全霊で世に問うドブロクです。

    「その他の醸造酒」という製造免許の規制を逆手に取り、

    ホップを使用して新たなフレイバークラフト酒を開発するなど、

    実に精力的な活動をしています。

    2021年に誕生した最新・最先端のその魅力の一端を

    今回じっくりと体験していただく機会を作りました。    

    ドブロク3種、透明なクラフトサケを2種、

    ぜひ飲み比べてその魅力に触れてください。

    

 

・稲とアガベ 亀の尾 どぶろく

 

・稲とアガベ ササニシキ どぶろく

 

・稲とアガベ ホップ どぶろく

 

・稲とアガベ クラフトサケ 改良信交 生

 

・稲とこうじ クラフトサケ 改良信交

 

 

 

 

また”お楽しみコーナー”を設けます!

「朧酒店秘蔵酒をグラス1杯から!」  1杯600円〜

造り手・岡住氏の修業先であった新政酒造のお酒を中心に

数種類ご用意する予定です。

 

なお、朧酒店のイベントポイントカードが1ポイントつきます。

 

 


 

いわゆる日本酒、正式には清酒と呼びますが、

清酒製造というのは免許制度で厳しく管理されています。

清酒製造免許は基本的には伝統的な酒蔵さんが継承するもので、

新規参入はほとんどゼロというのが現状です。

新しく立ち上がる銘柄が毎年現れますが、

それは廃業する清酒蔵元の製造免許を買い取る形で

出発することが多いようです。

 

昨今のクラフトブーム及び日本酒の隆盛に伴い、

ものづくりを志す若い人が大勢育ってきています。

これはとても歓迎すべきこと。

酒作りは職人仕事ゆえに、

彼等はまずは既存の酒蔵にて職人経験を積みますが、

しかしながら、その先がなかなか見通せない状況でもあるのです。

つまり、清酒製造免許を取得して自分なりのブランドを立ち上げる

ということが非常に難しい状況ということ。

 

考えてみれば、食の職人であれば、

修業先の飲食店で経験値を積み上げて

早い人なら5年ほどで独立起業をして

自身のお店を構えるということが

立派に通用するのが料理人の世界です。

もちろん飲食店は続けることに更なる努力は不可欠ではあるものの、

まずは自分の店を構える権利を料理人は有しています。

ところが、清酒の職人はそうはいきません。

酒蔵で経験を修め、その後にいざ自分のサケを造ろうと志しても、

製造免許を取得することがまず出来ないのです。

これは当該する人にとっては非常に大きなストレスだと思います。

そして、我々消費者にとっても実に勿体ないことだとも感じます。

(清酒製造に新規参入を認めないのにも当然理由があります。

既存の酒蔵を守る意味もあるでしょうし、

複雑な理由があることと思います。)

 

そこで、新たに清酒作りを目指す職人は、

まずは取得が比較的容易な「その他の醸造酒」という免許を受けて

酒作りをスタートさせることが多いのです。

これは清酒を造ることは出来ませんが、

どぶろく、もしくは副原料を使った清酒風の醸造酒などを

製造・販売することが出来ます。

米・米麹だけを原料に製造する場合には

搾らずに濁酒として発表する、

もしくは稲とアガベのようにホップを加えて醸造することで

「清酒」のカテゴリから敢えて外すなどの工夫により

(清酒の定義は、米・米麹・醸造アルコール・水の限定4原料で醸造して搾る)、

美味しいアルコール飲料を造ることが出来るのです。

 

「稲とアガベ」造り手の岡住氏は、

将来的に清酒を正式に造るべく、

清酒製造免許の取得へ向けて意欲的に活動を続けています。

未来の清酒製造へ向けて大きな夢を膨らませています。

今はまだ「その他の醸造酒」の範囲内での酒作りですが、

その岡住氏の創意工夫に満ちたドブロク又はクラフトサケを、

今回はぜひじっくりと味わっていただきたく思っております。

たっぷりの情熱を秘めたお酒を味わいながら

楽しいお酒談義をいたしましょう。

 

今回は利き比べイベントになっております。

全部で5種類を味わっていただきますので

アルコールがあまり強くないという方は

1杯ずつの量を加減しますのでお申し出ください。

 

しかし逆にそれでも足りないという方には

お楽しみのお酒も別途ご用意いたします。

せっかく足を運んでくださったお客様を

朧酒店は絶対に退屈させません。

どなた様も楽しめるイベントにしたいと思っております。

どうぞ奮ってご参加ください。

 

 

 

 

 

メール(info@oborosaketen.com

またはお電話(03-6809-2334)にて

お名前とお電話番号を頂ければご予約完了です!

事前支払いではございません(^^)

ご予約受付は5月26日までとなりますのでご注意下さい。

 

 

日本酒について分からない事もお答えしますので、

お気軽になんでもご質問ください!

 

恐れ入りますが、特に2日目の終わりに近い時間帯は

完売となっているお酒がある場合がございますがご了承下さい。

 

 

 


 


OBOROイベントポイントカードをご存知ですか?



朧酒店にはイベント参加で貯まるポイントカードが存在します。
20ポイントためて頂きますと豪華商品と交換致します!
朧酒店は1年を通して様々なイベントを企画してきます。
ぜひコツコツとポイントを貯めてくださいね!

OBORO Sake Tasitingにご参加で1ポイント差し上げます!
 

 


 

【ミニ試飲会についてのご注意とお願い】

  • 「OBORO Sake Tasting」は試飲イベントです。お食事などはお持ち込み頂けません。
  • お酒は酔ってしまうものですが、スタッフが「酔い過ぎ」と判断した場合は、それ以上お注ぎできない場合がございます。
過去の試飲会で、飲み過ぎにより倒れてしまったお客様がいらっしゃいます。
「試飲会」という事をご理解頂き、場合によりご退場頂くこともございます。ご了承下さい。
  • 他のお客様へのご迷惑行為があった場合はご退場頂く場合がございます。
  • また、いつものお願いではありますが、この時期ご自身の体調には十分にご配慮をお願いいたします。朧酒店では基本的なコロナ感染症対策は施しますが、少しでも不安をお感じになる方はご参加を見合わせてください。朧酒店では感染や濃厚接触などの責任は一切取れません。ご参加はあくまで自己責任となります。何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
2022/05/11

最新情報

we are OPEN at

Mon-Fri
11:00〜20
:00

Sat
12:00〜17:00
 
Sundays & Holidays are close
 
 
 
 │試してお買い物タイム│ 
 
平日18時から20時
土曜15時から17時
2〜4種類程度を1口ずつ
オススメのお酒の試飲ができます!
 
 
 
美酒は心の栄養素。美味しい情報をあげていきますSNSあまり得意じゃないです。
リプライ出来なくてもお許しください。 
 
 
 
 
Sep. 2021
sun mom tue wed thu fri sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 
 
 
Oct. 2021
sun mom tue wed thu fri sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 

新入荷情報

日本酒レクチャー

マンスリー試飲会

新橋ニュース

イベント情報

ご飲食店様へ

取引蔵元

配送について

朧のB面

お問合せ

管理画面