取引蔵元

HOME» 取引蔵元 »【惣誉】惣誉酒造・栃木県

取引蔵元

【惣誉】惣誉酒造・栃木県

 

 

【惣誉】

 
 
 
惣誉酒造   
栃木県芳賀群   
 

 

 

【日本の美しさを体現する至高の奥ゆかしさ】

 

栃木県を代表する重鎮銘柄。90%以上という恐るべき地元販売率を誇る「地酒の中の地酒」です。大震災で被災した蔵を再築して、心地よい和モダンな試飲ルームを作り海外からのファンを歓待するなど、精力的な活動で知られています。

惣誉の美味しさには大きく2つの特徴があります。ひとつには生もと酒母製法による深みを持っていること。そして最高の山田錦を潤沢に使っていること。この2点を併せ持つ事においては全国を見渡しても比類する蔵元が見当たらないほどのレベルです。

いま、生もと酒母が再認識されています。蔵付乳酸菌を利用して他雑菌を抑え込む江戸期に確立されたこの伝統製法は、現代醸造とは一線を画す難易度がありつつも、「押し味」と称される微量な複雑味と軽妙なキレを併せ持つ理想の味わいを造ることができます。

しかも、特に純米吟醸においては、酵母別に3種類の生もと純米吟醸を造りそれをブレンド。さらには3年もの・2年もの・1年ものを絶妙にブレンドするという、混醸による複雑味を表現しています。深みと軽快さの良いところを同時に感じる惣誉の秘密はこのブレンド技術にも因るようです。

原料米の確保はどの造り手にとっても常に悩ましいところですが、惣誉が入手する兵庫県特A地区山田錦は、現在において全国区最高峰の酒米と言えます。とりわけ、吉川町産の山田錦は特別中の特別。いくらお金を積んでも買えるものではなく、農家・農協との長い信頼関係でようやく入手できる最希少の原料米だそうです。惣誉の生もとでは、純米大吟醸と純米吟醸はその吉川産山田錦を完全使用。滑らかで深いコクを持ちつつも決して過熟にはならない、山田錦ならではの特性を最高レベルで発揮していると感じます。

製造と原料において最高品質。今年4月の展示会で私が一目惚れしてしまった惣誉の実力をとくとお試しください。

 
 
蔵元:河野遵氏(右)
杜氏:秋田徹氏(左)
 

 


定番酒

3,078円/1800ml
1,545円/720ml
2,765円/1800ml
 
 

 

 

取引蔵元

 
we are OPEN at
Mon-Fri
11:00〜20:00

Sat
12:00〜17:00
 
Sundays & Holidays are closed
 
 
1月28日は研修のため
 
19時までの営業となります。
 
 
 
┃試してお買い物タイム┃
 
オススメを2〜3種類一口ずつお試しできます。
料金はかかりません。 
 
平日は18時から
 
土曜は15時から
 

Jan. 2019

sun mom tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

18日 フレンチ×日本酒マリアージュディナー

23日 マンスリー試飲会

☆28日 19時までの営業

 

Feb. 2019

sun mom tue wed thu fri sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

 

最新情報

新入荷情報

新酒特集 2018-2019

ワイン

高級酒

日本酒レクチャー

Happy Sake Time

マンスリー試飲会

新橋ニュース

イベント情報

ご飲食店様へ

お知らせ

朧のB面

お問合せ

管理画面