取引蔵元

HOME» 取引蔵元 »【純青】【富久錦】 富久錦株式会社・兵庫県

取引蔵元

【純青】【富久錦】 富久錦株式会社・兵庫県

 

 

【純青】【富久錦】

 
 
 
富久錦株式会社   
兵庫県加西市   
 

 

 

 私の15年の日本酒バイヤー歴において、本格的な東京進出はこれからという銘柄で、これだけの完成度、これだけのレベル高い取り組みを見たのは初めてかもしれません。衝撃的で圧倒的。純青との出会いは驚きに満ちていて、自己の不勉強を恥じるレベルのものでした。

 地元・兵庫県加西市産の原料米のみ使用を25年以上、純米のみ製造を25年以上、純青ブランドは全て生酛製法、貯蔵は丁寧な冷蔵瓶貯蔵。こうして端的に羅列するだけでも圧巻の内容を誇る蔵元です。

 とりわけ、純米蔵に変遷したのは全国で2番目の早さだったそうで、先代会長の先見の明には瞠目せざるを得ません。原料米の入手も磐石で、地元の優秀な農業法人2社に委託栽培をしていて毎年素晴らしい酒米が届くのだそう。兵庫県ならではの優位性と言って良いでしょう、山田錦・愛山・夢錦・短悍渡舟などの高級品種を存分に使用しているそうです。

 蔵元の稲岡社長の醸造に対しての洞察が熱く鋭く、製造のお話を一日中聞いていても飽きません。「料理に映える酒には豊かな酸が必要。ワインの酸は原料由来だが日本酒の酸は発酵由来のもの。だから純青は乳酸発酵を司るために生酛製法にこだわりたい」とは至言ではないでしょうか。(私の生酛愛を語り始めると紙面が足りないのでそれはまた別の機会に。)

 西日本スタイルの日本酒は一般に旨みが深いものですが、中にはややワイルドに感じられる味わいもあります。しかし純青は「搾りたての鮮やかな味わいを表現したい」とのことで、火入・瓶詰・貯蔵はモダンスタイルを採用。透明感あふれる綺麗な酒質に生酛由来のおおらかな酸を反映させる事に成功しています。これは朧酒店の好みのど真ん中。鮮やかで深い、充実した酸をお楽しみください。

 
 
 
 

 


定番酒

2,808円/1800ml
1,404円/720ml
2,808円/1800ml
1,404円/720ml
 
720円/250ml

 
     
 
 
3,240円/1800ml
1,620円/720ml
 
1,728円/720ml
 

 

 

2018/06/15

取引蔵元

 
we are OPEN at
Mon-Fri
11:00〜20:00

Sat
12:00〜17:00
 
Sundays & Holidays are closed
 
┃試してお買い物タイム┃
 
オススメを2〜3種類一口ずつお試しできます。
料金はかかりません。 
 
平日は18時から
 
土曜は15時から
 

Nov. 2018

sun mom tue wed thu fri sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

9日 NEXT5発売

14日 マンスリー試飲会

17日 休みをいただきます。

23日 朧新嘗祭2018

 

Dec. 2018

sun mom tue wed thu fri sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

1日 16時閉店

6日 天青朝搾り

8日 朧酒店5周年感謝パーティ

最新情報

新入荷情報

新酒特集 2018-2019

ワイン

高級酒

日本酒レクチャー

Happy Sake Time

マンスリー試飲会

新橋ニュース

イベント情報

ご飲食店様へ

お知らせ

朧のB面

お問合せ

管理画面